お知らせ

想いを伝えるサンキャッチャー

今日、久しぶりにいらっしゃったお客様。お顔を拝見してとても嬉しかったのですが、「実はちょっと辛い事があって」とおっしゃったので、つい、「何か悲しい事でもありましたか?」と聞いてしまいました。
ずっとかわいがっていたワンちゃんが2週間ほど前に亡くなったのだそうです。一生懸命介護もしたそうです。いまだにご飯もあまり喉を通らないほど気を落としているようでした。私自身も2年近く前にネコを亡くしているので気持ちはよくわかります。

今日はそのワンちゃんの写真の傍に飾ってあげたいと、薔薇のサンキャッチャーをご覧にいらっしゃったのでした。
以前、車用のサンキャッチャーを購入してくださって、サンキャッチャーの感動的な光の美しさを既にご存知で、今日も、「これを見ると幸せな気持ちになれる」とおっしゃってくださいました。

「ずっと自分は、ペットが死んでしまったらその子に対する気持ちはそこでおしまいだと思ってた。でも違うものなんだね~。」と気持ちをお話ししてくださいました。色々伺っていると、お客様の言葉の端々からワンちゃんを大切に思う気持ちがたくさん伝わってきました。

たまに、サンキャッチャーをお見舞に遣われる方がいらっしゃいます。
以前、入院中のご友人にプレミアムローズサンキャッチャーを講座で自らお作りになってそれをお持ちになった方がいらっしゃいました。そのご友人はその時点で余命いくばくもない状態で、自分が行ってももうわからないと思うけど、このサンキャッチャーを届けたいとおっしゃっていました。

その後ご友人はお亡くなりになり、そのお客様はご自宅を訪ねたそうです。
どんなに仲良くしていたお友達でもご家族とは面識がなかったらしく、お見舞に贈ったサンキャッチャーは、誰からもらったものかもわからないだろうし、きっとどこかに消えてるんだろうなと思って行ったそうですが、ちゃんと遺影の傍に飾られていたそうです。自分が贈ったものを大切にしてもらって嬉しかったとおっしゃっていました。

ご家族の方は、たとえ面識がなくてもそれを贈って下さった方の気持ちをしっかりと受け止めてくださっていたのだろうと思いました。

サンキャッチャーは幸せを呼び込むと言われていますが、それだけでなく、私はサンキャッチャーには贈る人の想いを伝える力があると思っています。その想いは、単に「ありがとう」などといった言葉で表せるものではなくて、もっと深くて言葉ではうまく言い表せないものです。でもそこには必ず「愛」があって、時には願いや希望も込められるものだと思います。
私は孫の誕生の時にその子にプレミアムローズサンキャッチャーを贈りました。その子の未来が輝くものになるように願いを込めました。

贈る想いに言葉はなくともその気持ちは必ず伝わると思います。
ご結婚、ご出産、新築のお祝いなどに、ご家族のお幸せや繁栄を願う気持ちをサンキャッチャーに込めてみませんか?

薔薇の雑貨 BARAKA

2016.12.19