お知らせ

生地や色で効果が違う?!より紫外線を防ぐ日傘とは!

日傘ってやっぱり黒がいいの?色について疑問に思われていませんか?
専門家によると、傘の表面は色よりも紫外線を防ぐ効果の高い生地であるかどうかが重要で、傘の裏側は生地の色が黒いものが良いそうです。黒い裏地はアスファルトからの照り返しを吸収してくれるのだそうです。表面の生地については、最近の日傘には紫外線遮蔽率が表示されているものがありますのでそれを参考にすると良いと思います。
当店でお取扱いしている薔薇レースの晴雨兼用傘は、紫外線遮蔽率99.99%以上の一級遮光の生地を使用していて、裏地は黒色。オシャレなだけじゃなくしっかりと紫外線を防いでくれます。

晴雨兼用ですから雨が降っても大丈夫!

薔薇の雑貨 BARAKA

2018.07.31