お知らせ

まるでお花!の手焼きガラス

真っ赤な花がパッと花開いたようなガラスの器。イタリアのガラス職人の手焼きガラスでです。
まずはこの深い赤に目が奪われます。それにガラスでありながら中からにじみ出てくるような金属的な輝き。花びら1枚1枚の細やかなスジも美しく、ぬくもりと力強さを感じる器です。

ボウルとプレート 

3つを重ねてもステキ!

ご自宅のインテリアとして飾ってもいいし、何かの記念日のギフトとして大切な方へ贈るのもステキだと思います。

時々、還暦のお祝いに『赤いもの』を探して来られる方がおいでです。還暦と言えば昔は赤い帽子にちゃんちゃんこを身に着けて祝いの席を設けて家族や身内揃ってお祝いするのが通例だった(?)というイメージがありますが、今はそうした話はあまり聞きませんね。時代は変わったのでしょう。その代わりに『赤いもの』を贈ってお祝いするのだと思います。

私事ですがついこの間誕生日だったものですから、アラフィフの次はアラ環か!という話になって、「お母さんが還暦になったら赤い帽子とちゃんちゃんこでお祝いしてあげる」とたぶん冗談で言われ、思わず「そんなのやだ~!」と答えてしまいました。赤い帽子とちゃんちゃんこにはおそらく何か大切な意味があるであろう事はわかっていても、どちらかというとこの赤い器のようなステキなものでお祝いしてほしい!と思うのは、祝ってもらう側のくせにわがままな言い分でしょうか(;^ω^)
ギリギリアラフィフ(?)のつぶやきでした。

薔薇の雑貨 BARAKA

2018.10.14