6月29日の不在時間について そしてシンちゃんのこと

6月29日の不在時間について そしてシンちゃんのこと

明日6月29日は、フリーペーパーマリマリさんのご依頼で出張講座をすることになりました。大変申し訳ございませんが、12時30分~16時頃まで不在になりますので宜しくお願いします。講座では薔薇のサンキャッチャーづくりをします。楽しみながら作っていただけたらいいなと思います。

さて、今日は6月28日ですね。ふと今朝、あぁ今日はシンちゃんがいなくなった日だ・・・と気付きました。
私事で恐縮ですが、シンちゃんは平成16年6月28日の夜、外に出かけ、そのまま戻って来ませんでした。シンちゃんはネコです。名前は「シンバ」ライオンキングの「シンバ」からいただきました。

シンちゃんは白黒の毛をしていましたが、「ミミちゃん」という黒ネコの母ネコから生まれました。私が家でとりあげました。
生まれる2カ月前、ノラ猫のように暮らしていたミミちゃんを保護して郡山市から秋田市に引っ越してきたのですが、その時点でミミちゃんが妊娠してることに気付かず、なんだかお腹が大きくなってきたけどまさかと思って、ちょうど獣医さんにもかかっていたので診てもらったら間違いなく妊娠していることがわかりました。ネコの妊娠期間は2カ月だそうですから、引っ越してくる直前に授かったのだと思います。

ミミちゃんは、郡山に住んでいた時、アパートの隣の一軒家に住んでいた『A君』のお父さんが海釣りに行って、帰ってきて車のトランクを開けたら中から出てきたのがミミちゃんだ。というまことしやかな噂をまとったネコでした。

誰が名付けたかもわからないミミちゃんは、首に『黒猫のタンゴ』にはちょっと惜しい濃いピンクのキレイな首輪をつけていて人にも慣れているようでしたが、誰にも飼われている様子がないので、なんとなくあの話は真実なのかも、、、と噂の裏付けになるような状況に置かれていました。

どこかでエサを貰ったりしてたのか、どこでどうやって空腹をしのいでいたのかわかりませんが、うちの子ども含め地域の子供たちの遊び相手になっていたようです。そのネコをうちで引き取ることになるまでにはいろいろと経緯があるのですが今回は省略させていただきます。

出産は、4匹中1匹が死産で、あと2匹は親戚に。残ったのがシンバでした。人懐っこい子でした。
昨夜はたまたまこのシンちゃんの思い出話、いまだに大笑いしながら語られるエピソードを振り返っていました。

シンちゃんがまだ1~2歳の頃だったでしょうか。日中外に遊びに出かけた時、どこかのネコと鉢合わせをしてしまったのでしょう。「ギャギャギャギャン!」と家の裏側からかん高い悲鳴が聞こえたので慌てて外に飛び出しました。「シンバ!」と呼びかけたら怯えるような顔をしてすぐに駆け寄ってきたので、どこかケガをしていないか全身をチェックしましたが大丈夫そうだったのでそのまま家に入れました。

ところがその後、元気がなくなってぐったりと横になっています。食欲も全くなく、ご飯もお水も自らは口にしようとしません。「どうしたの?ご飯は?お水は?」と、シンバのもとへ運ぶと、体を横たえたまま頭だけ起こしてお水をペチョッペチョッとなめるのです。
どうしちゃったんだろう・・・起き上がる事すらしないので長い時間経過しているのにトイレにも行ってません。

ずっと様子を見ていたけれど、さすがに全くトイレに行かないのはまずいでしょう。という事になって、夜、トイレに連れて行ってみることにしました。

「そうだ!」当時小学生くらいだった子どものうちの誰かが、何を思ったか、使っていない木製の画板を取り出してきて、シンバの横に置きました。以心伝心!それを見た兄妹たちは何をするのか瞬時に悟ったのでしょう。特別な打ち合わせをするわけでもなく横たわるシンバの姿勢を崩さないように二人がかりで、せーので画板に移し、今度はシンバを乗せた画板の水平を保ちながら、「ピーポーピーポー」と3人がかりでネコのトイレに横付けしました。そしてシンバを抱きあげネコ砂のなかにオシッコをする時のように座らせたのです。

少しの間をおいてシンバは、お尻をすこーし浮かしながらしっぽを立てはじめ、チョチョチョチョーっとオシッコをしました。我慢していたのでしょう、ずいぶん長々としていたような気がします。
オシッコが終わったシンバ、そのまま部屋まで歩いて戻れるかな~と思いきや、ネコ砂から出てゆっくり画板の上に移動して、だるそうに自らコテッと横になりました。その後はまたピーポーと運ばれながら部屋に戻っていきました。

翌日でしたか、いよいよ心配で獣医さんのところに行って経緯を説明しました。先生が全身をチェックをすると、「別にどこも悪くないようですねぇ。たぶん精神的なダメージでしょう。ビタミン剤でも打っておきましょうか。」という事で、ひとまずホッとして帰宅しました。

動物も精神的ダメージを受けるんだぁ、、、人間と一緒だね。相当怖い思いをしたんだね。で、それからだんだんと元気を取り戻していつものシンバになっていきました。数あるシンちゃんの代表するエピソードの一つで、昨夜は懐かしさがこみあげてきたのでした。

母ネコのミミちゃんは、この子も忘れられないエピソードを残しながら我が家に来て数年後に残念ながら亡くなりました。

シンバが6歳の誕生日を迎えて少し経った6月28日夜、お散歩に出たがったので出したのが最後で戻ってくることはありませんでした。
考えられる場所、範囲を探し続けました。近くのコンビニにポスターを貼らせてもらって情報提供を呼び掛けたり道路管理の部署や保健所、イヌネコネットワーク、消防署など思いついたところに手掛かりを求めて電話したりしましたがすべて空振りでした。

せめてどこかで生きてくれてれば・・・

母ネコのミミが、噂がホントだとすれば、海沿いの街から突然姿を消して。ミミの当時の飼い主はきっと心配して探したことでしょう。生きていてほしいと思ったことでしょう。まさか内陸の郡山を経由してその後秋田に来ていたなんて思いもしなかったでしょう。

私は、『ミミは今こうして秋田で元気に暮らしてますよ~』と、元々の飼い主さんに心の中で発信することしかできませんでした。
そんな不思議な運命を生きたミミの子どものシンバだから、もしかしたらどこかの誰かのもとで幸せに暮らしているかもしれない、、、
そうであってくれたらいいなぁと何度も願いました。

私事で失礼しました。「シンちゃんのこと」でした。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.28

サンダーレッドという名の「純石けん」について

秋田県内も梅雨に入りましたね。今週は晴れマークが並んでいて個人的には嬉しいです。これから本格的な梅雨に突入するのでしょう。ジメジメ対策をして快適に過ごしましょうね。

さて、本日はブログにたま~に出てくる『サンダーレッド』という名前の純石けんについてです。
製造元は東京都にある本宮石鹸工業所です。
原料は醤油油(しょうゆあぶら)。大豆油ですね。醤油を醸造する際、発酵が進むとともに出てくる油なのだそうです。その油がどこから来たかというと、千葉県野田市の野田醤油。野田市は古くから醤油の街として栄えてきたところだそうで、有名メーカー『キッコーマン』があります。

純石けんは、一般的に言われる「無添加」とは全く違います。よくある「無添加」というのは、〈原材料中に表示が義務付けられている成分を使用していない〉という意味だそうです。

現在日本では人体に害を及ぼす「有害物質」として102種類の化学物質が表示指定成分として表示が義務付けられているそうです。102種類と聞いてどう思われましたか?
正直私はそんなにあるの?って思いました。ところがです!!世界を見ると、アメリカで800種類、ヨーロッパではなんと5000種類の化学物質が既に指定されているそうなので、日本の102種類という数は何とも緩い、世界の中でも最低レベルなのだそうです。日本は安全基準が厳しいっていう思い込みがあるのか、私はこの事実にショックです。
しかも、ヨーロッパで規制されているのに日本で規制されていない4900種類もの化学物質は、事実、それを使用していても「無添加」とうたって販売されているのが現実だそうです。それにもビックリです。私たちはそんなことを知らずに、いや、知らされずに使っているのですね。

そしてさらに驚きなのが、日本の表示指定成分102種類中の2つ、保湿剤として添加されるプロピレングリコールと、合成界面活性剤ラウリル硫酸塩(Na)は、人体に有害なのでドイツでは使用禁止にさえなっているそうですよ。
私はよく表示を見るほうなので、この2つ、市販の洗剤やシャンプー、ボディーソープその他色々なもので見たことがあります。

表示指定成分について気になる方は、インターネットで「表示指定成分」または「指定表示成分」と入れて検索してみてください。

一つお断りしておきますが、私は、日本の規制がザルであるとか、どんな成分が危ないのか1つ1つ知る必要があるなどという事を言いたいのではありません。
「純石けん」と「無添加(せっけん・洗剤)」の違いがここにある!という事を言いたいのです。

キッチン用・洗濯用洗剤でも浴用石鹸でも、汚れを落とすのに必ず『界面活性剤』というものが入ります。それが汚れを引きはがす働きをするそうなのですが、そもそも洗剤ってそういうものなんじゃないの?と思っている方が結構多いのではないかと思います。かつて私もそうでした。今度機会があったら台所用の洗剤、洗濯用の洗剤、または浴用石鹸などパッケージの裏を見てみてください。界面活性剤の割合が表示されているものがあります。合成洗剤で20%~30%台、石けんでも40%~60%のものが多いと思います。

さあ、ここからが本題です。やっとですね。前置きが長くて疲れましたか?すみません。
純石けんは表示指定成分はもちろん、その他の添加剤も一切入っていません。
サンダーレッドの場合、純度が99.9%(残りの0.1%は水分)の「石けん」という名の界面活性剤です。つまりサンダーレッドという商品単体で見れば界面活性剤100%と言えるものなのです。
だから汚れ落ちが違います。そして原料は天然の植物油ですから人体にも環境にも無害です。ただし、アレルギーに関して注意が必要な場合があります。そもそもアレルギーというのは成分中の「タンパク質」に反応して起こる症状です。大豆であれば大豆たんぱくですね。しかしサンダーレッドに使われている油は、醤油を作る際、大豆をじっくり発酵させることで大豆タンパクが分解されていく過程で出てくる油分なので、大豆アレルギーが出にくいと言われているそうです。とはいえ、大豆アレルギーが強い方は念のためご注意ください。

本日はサンダーレッドがどんなものなのかをご説明しました。
次回はサンダーレッドの活用法をお知らせします。お客様からお聞きした「わたくし流!」の活用術も盛り込みたいと思います。

最後までご覧くださった方、お疲れ様でした。ありがとうございました。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.25

マフラータオル新柄入荷です

マフラーのように首に巻いて使うマフラータオル。差し込みタイプが大変好評です。

素材はもちろん綿100%です。今治タオルのマークこそありませんが今治生産。毛羽落ち、色落ちが少ないそうです。
今回入った商品はカラー色々です。柄の雰囲気も素敵ですから色違いで持ってもいいんじゃないかと思います。

キャンディのような可愛い包装になっていますから、お友達にプレゼントしたら「あら、何?」っていう感じでちょっとワクワクしながら開けてもらえるかなーと思います。汗取り、UVケアにお役立てください。

肘まで隠れるアームカバーも入荷しています。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.17

ルドゥーテカレンダー2018 ご予約受付始めます

18世紀後半、フランスで宮廷画家として活躍したピエール=ジョセフ ルドゥーテの、薔薇の画を集めたカレンダーです。
毎年大変好評で冬になると完売で手に入らないこともありますので、お早めにご予約いただくと確実です。

まだ6月で、今年があと半分近く残っていますが、早い段階で発売内容がわかりましたので今からご予約をお受けすることにしました。
2018年版も4種類、お値段も変わりありません。

毎年一番人気のオーバル型。お店でも使っています。

オーバル型より大きい壁掛け。
薔薇の花の画をこすると香りが出ます。カレンダーを使い終わった後、画の部分を切り取って飾ることもできます。

省スペースなタイプ。

書き込みも出来て便利な卓上用。

ご予約は専用の申込用紙にご記入ください。お電話でのご予約はお受けしておりませんのでご了承くださいませ。
また、発注の関係上、お申し込み後のキャンセルは出来ませんのでご注意ください。

入荷は9月以降になります。入荷次第ご連絡を差し上げますので、なるべく2週間以内にお支払いをお願い致します。なお、ご予約時にご精算いただいた場合はお取り置きさせていただきます。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.08

薔薇の扇子

夏、こんな時扇子があれば・・・と思うことがたまにあります。私は普段あまり使う機会がないので持ってないのですが、こんな扇子だったら持ち歩いてみたいと思ってしまうステキな扇子色々です。

薔薇のストール、晴雨兼用傘も各種再入荷しています。
この夏は、ストールに晴雨兼用傘にUV手袋、そして薔薇の扇子を、UV&暑さ対策にお役立てください。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.07

プペの森という森を知っていますか?

あるところに、『プペの森』という森があります。

豊かな木々に美しい湖。古いお屋敷に本・楽器、、、その森では、こんなステキな動物たちが生き生きと暮らしています。

『プペの森』はそんな可愛い動物たちの物語です。

ラ・プティット プペ  プペの森シリーズ新作のハンカチが入りました。
ハンカチの絵は、主人公の暮らしのある一場面を切り取ったものになっています。ですからそれぞれの絵にタイトルがついているんですよ♪


薔薇摘みシャルル


プティとパルファの秘密の花園

ちょっとだけキャラクターについてご紹介させていただきます。
ネコのシャルルは薔薇と自分とおしゃれが大好き!お気に入りの手鏡でいつも自分の顔を見ています。

プティはうさぎ三姉妹の末っ子。ネコのシャルルに作ってもらったボンネット帽が大好きでいつもかぶっています。

パルファは恥ずかしがり屋のスカンクの女の子。いつもお花を食べてるしフラワーバスが大好き!だからとってもいい匂い!

『薔薇摘みシャルル』では、シャルルがいつもかぶっているシルクハットに薔薇をたくさん詰めています。空からは何やら見覚えのある帽子が・・・さて、この絵にはいったいどんな物語が隠されているのでしょう。

それぞれのキャラクターを知ってデザインを見て、その絵にまつわるエピソードを想像してみるのも楽しいものです。絵を見ながら自分なりの物語を作ってみてもいいかもしれませんね。

プティとパルファの秘密の花園。あなたならここにどんな物語乗せてみますか?

プペの森シリーズにはこれらのハンカチとお揃いのポーチがございます。







その他、ラ・プティット プペ ハンカチーフ再入荷です。


ローズ


フラワー

綿ガーゼの極細繊維と華やかで美しい絵柄。とても上質なハンカチーフです。アイロンがけもしやすいのでいいですね。大判ですからひざ掛けにもなって一枚持っているといろんな場面で重宝しますよ!

ラ・プティット プペにはストールもございます。

柔らかい肌触り。綿ガーゼ100%です。首に巻いて、また肩から羽織れば夏の冷房対策にもなりますよ。

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.03

頭ひんやり塩まくらについて

塩まくら・・・読んで字のごとく、中身が『塩』のまくらです。じゃあなんで塩なのか。
どうやら『塩』には保冷効果があるらしいのです。
『頭寒足熱』の言葉の通り、頭部を冷やして足を温めることでうっ血状態が解消され、血行不良による様々な症状の緩和が期待されるのだそうです。メーカーによってはこの『塩まくら』は、不眠や高血圧などの症状の緩和にも良いと具体的に明記されているものもあります。

私は3~4カ月ほど前から再び使い始めています。再びというのは、もっと前おそらく2年ぐらいになるでしょうか、一度使っているからです。
その時は説明書きにあるように、枕の上の首元に当たる部分において使いました。気持ちはよいのですが、もともと首が良くない私は、毎日使っているうちにまくらの高さが高すぎたのか首がさらに痛くなってきて長続きせず、その後ほったらかしになっていました。

いつも枕が合わなくて、枕を取り換えたりバスタオルなどをたたんで重ねてみたりとあれこれ試していましたがしっくりくるものがなかったんです。それが、ふと塩まくらの事を思い出し、枕の上ではなくバスタオルをたたんだ上において使ってみたら気持ちよく眠れて・・・

高さもいいのですが、何より頭をつけた時沈み込まないのが嬉しいです。サラサラの塩が頭の重さでカチッと固まる感じというか、ちゃんと頭の重さを受け止めてくれてる感じがします。

そのお陰かどうか定かではありませんが、首の痛みがだんだん取れてきて首を回せるようになりました。それに、布団に入って頭をつけた時ほんのり冷たくて気持ちがいいです。これから暑くて寝苦しい季節になった時はこの塩まくらを数時間冷蔵庫で冷やしておけばさらに気持ちよく使えると思います。実際やってみましたが、気持ちいいですよ!ガンガンに冷たくなるわけではないので冷えすぎる心配もありません。
使っていて湿気で塩が固まってしまった場合は陰干しすると元通りのサラサラになるそうです。

この塩まくらは自然の海水からとれた海塩に、クスノキのつぶつぶ入りです。クスノキには衣類の防虫・抗菌・消臭効果の他、香りにはリラックス効果があるそうです。
まあ香りは薔薇ではありませんが可愛い薔薇柄の塩枕で健康のために『頭寒足熱』してみませんか?

薔薇の雑貨 BARAKA

2017.06.01