収納というインテリア

収納というインテリア

きちんと片付いたモデルルームのようなお部屋・・・憧れます。でも実際にそのような状態にするのはなかなか難しいものですよね~。
よく使うからしまいたくないものだってあります。それに使う頻度は少なくてもなくては困るものもあります。

収納アドバイザーのテクニックを見ると3つぐらいの段階があるように思います。
まずは必要なものと必要じゃないものをある程度分別する。これも個人的には結構難しいんですけど。かなり思い切りが必要ですよね。

次に、様々な物を種類別、或いは目的別などの小さなカテゴリーに分け、それをケースやボックスなどに入れることで細々と分散した状態から『ひとかたまり』の状態にする。ケースの中身は10個でも、ケースという単位で数えれば1個ですからね、10分の1に減らせることになりますよね。

最後に、物を使う時の動線に合わせて棚や引き出しなどに収納する。使う時にサッと取り出せないと逆に不便になって何のための収納か!ということになってしまいますものね。

プロの収納術を見て思うのは、多くの場合ケースやボックスを使いこなしていてるなぁということです。
ただ、あそこまでキレイにケースを使えるのはやっぱりプロのテクニックだとも思います。

整理したい『物』に対するケースの形や大きさ、そして最終的な収納場所とケースのマッチングが絶対不可欠ですから、どういったケースを選ぶかによってはうまく棚に納まらなかったりしてケースに入れた意味がなくなったりもします。それに見える収納にした場合、色んな種類のケースが並んでは逆に雑然とした印象になるでしょう。
やっぱりプロはスゴイ!の一言に尽きます。が、感心ばかりもしてられません。

まずはいつも使うものでいちいち棚には収納してられない!けど出来れば生活感は失くしたい、、、ようなものに、こんなボックスが使いやすいかなという一つのご提案です。
どんなお部屋にも合う布張りのボックス。ピンクベージュの薔薇です。カラーボックスに納まる設計になっています。

表も裏も可愛いキルティングの新聞ストッカー。もちろんそれ以外の用途でも!

意外に好評なのが薔薇の入れ物。何か入れる目的があってこれを買うというより、これに何かを入れたいなぁという感じで買われます。いずれにしろ収納のお役に立てるなら嬉しいです(*^▽^*)

たとえばこのケースに小物を入れてプレゼントされる方もいらっしゃいます。見えるラッピングにすると見た目も可愛いですよ♪

ご利用ください。
薔薇の雑貨 BARAKA

2019.06.18

薔薇の和食器に新柄入りました

華やかで温かみのある薔薇の和食器です。
贈り物にしたらとても喜んでいただけたと、贈った方にも喜ばれています。それを聞いた私もとても嬉しい!

こちらは飯碗湯呑セットと同じ柄の箸置や小皿、桐箱入りペア箸がございます。ペアロックカップも大変好評です。

この度お目見えしたのはこちら。飯碗湯呑セットのほか、ペアロックカップや、ご贈答にもピッタリな桐箱入りのペアマグカップです。
淡くて優しい雰囲気です。ピンク系とブルー系がございます。

赤と白の薔薇がとてもオシャレ!ペアロックカップや単品のお茶碗、マグカップも人気です。

薔薇の和食器を使うとちょっと楽しい気分でお食事が出来ます。癒しのひとときを味わってくださいね!

薔薇の雑貨 BARAKA

2019.06.12